本物のブリーダーとは?

こだわりを持つのが当たり前

昔は犬を手に入れるためには、ショップで探すしか方法がありませんでした。
ペット業界にも市場というものがあり、ショップがそこから仕入れて
ショップで販売するというのが一般的でした。

もちろん今でもペットの子犬の市場というものは存在するのですが、
最近はネットが普及された事で、ブリーダーから簡単に直接購入することも
できるようになりました。

ブリーダーから直接購入するメリットは親犬を見学できる事と、
子犬がどんな感じに成長するのかブリーダーから直接聞ける事です。

普通のブリーダーなら子犬の顔を見ればどんなタイプに成長するのか大体予測ができます。
トイプードル一つにしてもブリーダー毎で顔やスタイルは違います。
ブリーダーの特徴や好みが顔やスタイルに出てきます。

一般の方がブリーダーから直接購入する方法はネットでの検索が中心です。

ただ「トイプードル 子犬」と検索してみると分かると思いますが、
膨大な情報が出てきます。

まずネットで子犬の情報を出している業者は2パターンいる事を知っておいてください。

1:ブリーダー
2:ブリーダーの仲介業者(ペットショップもこれです)

気をつけておかなければならないのは、
ネットを活用している業者はブリーダーではなく仲介業者が大半という事。

仲介業者はブリーダーから子犬の出産情報を受け取り
ホームページへ掲載しているだけです。

仲介業者が全て悪いという分けではありませんが、
脱サラして仲介業者を始めたりする人が多いので、
素人の人に当たってします可能性があります。

しかも素人かどうかはホームページを見ただけでは判断できないんですよね。

かといって、ブリーダーなら誰でも良いというわけではありません。
実際に乱繁殖を繰り返す悪質なブリーダーだっているわけです。

ブリーディングの知識も持たずに感覚だけで繁殖している人も
悪質なブリーダーと言えます。

子犬はわが子同然

良いブリーダーは、子犬を一生かわいがってくれる人にだけ売りたいと思っています。
良いブリーダーにとって自分が繁殖した犬は、わが子のようなものなのです。

● 頑固で厳しい。
● いつも子犬がいるとは限らない。
● 見学してからでないと購入できない。

このようなブリーダーは『良いブリーダー』といえます。


逆にいつでも大量の仔犬がいて、
やらたに血統だのショータイプだのアピールする。

ショードッグとペットドッグというのは、全く別といっても良いです。

例えばトイプードルのショータイプを購入する場合は、
普通に100万円を超えます。

★リンク
トイプードルの飼い方、カットについて